本日出講

本日、大阪の専門学校にて線形代数の授業を出講して来ました。この授業は3年次編入を希望する学生を対象としたもので、昨年度の1月から急遽始まりました。

 

 授業開始当初は多くの生徒さんがまだ、受験に対して気持ちが向いていないようで、授業中も上の空でしたが最近では積極的に授業に参加している様子です。この授業は15名程度の集団授業ということもあり、残念ながら全ての生徒さんに目が行きづらいことは事実です。従って、できるだけ全ての生徒さんにとって、その授業が有意義なものとなるようにいくつかの工夫をしています。そのような生徒さん一人一人を大切にする気持ちと、実際に行動を起こすことは指導者にとって当然ながら必要不可欠であると考えます。

 

 微分積分は関数とグラフを対応させて考えることで、具体的なイメージを扱う分野であるのに対して、線形代数という分野は数学の中でも非常に抽象的な分野です。従って、学習を始めてすぐの生徒さんの多くが戸惑うことが多く見受けられます。しかし、理解と塾考を繰り返してその奥深さの魅力を感じることができれば、その後の学習は円滑に進むことでしょう。