個別授業と集団授業

私は個別授業と集団授業の両方を経験して来ました。それぞれにメリットとデメリットがあるかと思います。個別授業は学生講師が担当、集団授業は社会人講師が担当するというスタイルが一般的です。それは人件費によるものだと思われます。

  

 1人の講師に対して授業を受ける人数が多ければ多いほど、塾が受ける利益は大きくなります。従って個別指導の講師に支払われる給与はできるだけ、抑える傾向にあり、その給与で満足する様ないわば学生講師が務めることとなります。運良く教育熱心が学生講師に当たるか、ノウハウやカリキュラムがしっかりと作り込まれた塾でしたら、生徒さんも満足できるかと思いますが、そうでない場合は学習意欲のある生徒さんにとっては気の毒な環境になります。もしも、生徒さんが学習意欲のない子でしたら、学生講師との利害関係が一致してしまうため、残念なことに保護者様にとってはお金の無駄遣いになってしまいます。ある程度、塾を利用した後で成績が上がらないということに気づかれるまでの時間と費やしたお金が勿体無いこととなります。

 

 保護者様が授業の様子を見れる様な環境というとどの様なものがあるでしょうか。それは、家庭教師です。講師がご家庭にお邪魔することで保護者様の視線が届く範囲で授業が行われるというメリットがあります。

 

 しかし、家庭教師センターを介する家庭教師はどうでしょうか。保護者様からすると、手軽に希望の講師を選ぶことができるかと思いますが、多くの場合、指導内容やカリキュラムは講師に委ねられているため、授業の質は講師によって全くことなるでしょう。従って、家庭教師センターは手軽であると同時に条件にあった講師を派遣してもらえるというメリットはありますが、決して授業の質を保証するものではありません。

 

 さらにご家庭によっては講師が家にお邪魔することで、身構えてしますこともあるでしょう。その点、スカイプによるネット授業ですと、講師がお邪魔することがないため、気を張る必要がありません。

 

 マスリモは経験豊富な講師との個人契約であると同時にインターネット授業も可能であることから、上記の問題が生じる様な心配はありません。