集合と論理

必要条件と十分条件を考えるにあたってモデル図を利用すると、容易に理解することができます。

二つの条件の間には包含関係が成り立ちます。つまり、ベン図を利用することができるのです。

文字による理解が困難な場合、図が理解を助けることは多々あります。視覚的な情報は比較的スムーズに取り入れることができます。

包含関係が成り立つとうことは一方が一方に完全に含まれる状態です。従って、例えるならばゆで卵や饅頭の様なものと思っても良いでしょう。つまり、十分条件は卵の黄身や饅頭のあんこ、必要条件は卵の白身や饅頭の皮とでも覚えておくと便利です。以上のことが、必要条件と十分条件のリマインダとして役に立つことでしょう。