対数微分法による極値

例えば$y=x^x$や多くの多項式の積や分数によって構成されているような関数の微分は対数微分法を用います。

 

 それと、同じように$y=g(x)^{f(x)}$のような一般形の極限値は対数微分法を用います。